心と心の触れ合いを大切に

便利屋ってなに?

便利屋の仕事とは、各種代行、日常のささいな困りごとを解決することです。たとえば、「一人では出来ない家具の移動」「犬のお散歩」のような簡単な作業も解決します。また、「不用品の回収」「お庭の雑草処理」など、専門業者に依頼すると高額になってしまう事なんかも解決しちゃいます。

便利屋のお仕事例

ミニ引越し、不用品処分、遺品整理、家具の移動・組み立て、荷物の運送、順番並び、ハウスクリーニング、エアコン取り付け、水漏れ修理、などなど・・・不用品回収
具体的に数え上げればキリがないほどあります。お年寄りや女性が苦手な力仕事(引越しや荷物の運送)汚れ仕事(水周りの掃除や庭仕事)などは得意中の得意ですので、「こんなことで困っている!」ということがありましたら、是非一度お気軽ご相談ください。

大阪市阿倍野区の概要

大阪市阿倍野区のWEBサイト

阿倍野区は、上町台地の南の高台に位置し、古くから大阪南部の交通の要衝として栄え、名所・史跡も多く、住宅・商業の町として発展してきた。とりわけ阿倍野橋・天王寺は、大阪の南の玄関口として各種の交通機関が終結し、1日平均82万人の乗降客が行き交う大ターミナルである。周辺一帯は、活気ある商業地区を形成しているが、区域全体としては、比較的閑静な住宅地として発展してきた。
 また、阿倍野区の高齢化率は市内でも高位で、いきいきとした長寿社会の実現と、快適な生活環境をめざして、都市基盤の整備など、今日まで、ふれあいとぬくもりのあるまちづくりが進められている。
 平成14年1月には、区民センター等複合施設が供用開始され、区民の憩いの場、交流の場として、さらに地域コミュニティの拠点として多大な期待が寄せられている。その他、阿倍野再開発事業をはじめ、JR阪和線の連続立体交差事業など各種事業が、現在進められている。

最近の阿倍野

大阪市では、都心部での人口減少、ドーナツ化現象など区政環境の変化に対応するため、平成元年に合区が実施され、それまでの26区から24区制となりました。
 阿倍野区では、引き続き再開発事業の進展が見られ、平成元年には「あべのマルシェ」が完成しました。また、平成2年に阿倍野警察署新庁舎が竣工し、4年には地上18階、病床数1000床の市立大学医学部附属病院が竣工するなど、時代に即応した整備が進められるなか、平成5年には阿倍野区制施行50周年を迎えました。
 高齢化社会が進む中、「生涯学習環境」の整備が謳われるようになり、平成6年には「阿倍野市民学習センター」が開設されるとともに、区内各小学校においても「生涯学習ルーム」が順次開設されました。
 また、高齢化率が20パーセントを超え、いち早く高齢社会を迎えた阿倍野区において高齢者対策が重要な課題となる中で、平成6年には特別養護老人ホーム「いくとく」と、高齢者デイサービスセンター「ふみのさと倶楽部」が開設され、翌年には「阿倍野区在宅サービスセンター」の開設、平成11年には高齢者デイサービスセンター「いくとくII」、平成12年には特別養護老人ホーム「ふれ愛丸山荘」、平成13年には特別養護老人ホーム「阪和苑」が開設されるなど、高齢者の介護支援事業が進められています。
 また、高齢者や障害のある人の社会参加が促進される中、平成12年には、「交通バリアフリー法」が制定され、交通施設などのバリアフリー化が進められています。
 さらに、核家族化の進行などに伴い、子育てを取りまく環境が大きく変化し、子育て機能の低下が問題となってきている中で、「親子のつどい」の開催など、地域において子育て支援の活発な取り組みが進められています。阿倍野区
平成13年度には、コミュニティ協会の設立と地域住民の活動拠点として区民センターが建設され、コミュニティづくりが進められています。
平成23年4月には、阿倍野再開発事業により、大阪府内最大級のショッピングセンター「あべのキューズタウン」がオープンしました。
 区域全体としては、比較的閑静な住宅地として発展してきたところであり、高齢化率は市内でも高位で、いきいきとした長寿社会の実現と、快適な生活環境をめざして、ふれあいとぬくもりのあるまちづくりが進められています。

お見積り無料

個人情報保護について

浪速の便利屋G.Kサービス:ブログ なにわの便利屋G.Kサービス
ブログ

便利屋メニュー

モバイルG.Kサービス G.Kサービス モバイルサイトはこちら

便利情報

〒556-0026
大阪市浪速区浪速西1-2-2

なにわの便利屋G.Kサービス

TEL:0120-613-533(06-6561-3531)

大阪・なにわの便利屋:G.Kサービス
相互リンクを募集しています。